ホーム  >  製品情報  >  ⼟壌DNA抽出

⼟壌DNA抽出

黒ボク土からも高収率でDNA回収

Extrap® Soil DNA Kit Plus Ver.2

製品の特長

  • Bead tubeに含まれた破砕用ビーズを用いて微生物細胞を破砕し,DNAを抽出します。

  • DNAの土壌粒子への吸着を抑制する独自の添加剤が含まれており,高い収率でDNAを回収することができます。

  • 得られたDNA溶液中には阻害物質が少ないため,原液をそのままPCRに使用可能です。

  • DNAの精製に磁気ビーズを採用しているため,操作が簡便,かつ自動化にも対応しています。

  • ボルテックスミキサーで微生物細胞を破砕した場合でも,ビーズビーダーを使用した場合とほぼ同等の結果が得られます。

製品の内容

土壌,活性汚泥などの広範な環境試料から,高純度の微生物等のDNAを抽出・精製するキットです。環境試料に存在する微生物の群集構造解析やリアルタイム定量PCRなどのアプリケーションに適しています。
黒ボク土からも高収率でのDNA抽出が行えます。

* 黒ボク土(くろぼくど):日本の国土の約30%に分布し,DNAの吸着性が高い土壌。 黒ボク土は全陸域の1%未満と世界的には希少。

仕様

容量:50回分
磁気ビーズのDNA吸着容量:10~20μg

DNA抽出効率

一般的にDNA抽出が困難とされる土壌について他社キットとの比較試験を実施した。
Extrap Soil DNA Kit Plus Ver2と他社キット3種について7種の土壌でDNA抽出を行った結果,すべての土壌において,他社製品と同等以上の測定値が得られた。Extrap Soil DNA Kit Plus Ver2は土壌に限らず,多種多様な環境試料から高純度・高収量でDNAを回収することができる。

他の使用例、比較例についてはこちら

操作方法概略

細胞破砕(ビーズビーティング)
(1) Bead tubeに土壌試料0.5g,Extraction buffer,Lysis solutionを添加し,ビーズビーティング(30~45秒間)。
(2) 遠心(5分),上清採取。

タンパク質除去
(3) PP solutionを添加し,遠心(5分),上清採取

磁性ビーズによる精製
(4) MBs solution,Binding solutionを添加し,攪拌(2分),集磁,上清廃棄。
(5) Washing solutionを添加し,攪拌,集磁,上清廃棄。
(6) エタノール水溶液を添加し,攪拌,集磁,上清廃棄。

DNA溶出
(7) 風乾後,溶出液を添加し,65℃で5~10分加温。
(8) 集磁,上清採取 → total DNA。

自動化の実績もございます。

コード

容量

1kit(50回分)

価格

45,000円

製品マニュアル

SDS

funakoshi
BDL

BDLはフナコシグループの一員です。
BDL製品をご購入の際は、フナコシ株式会社製品取扱い販売店にご注文ください。